取扱う法律が違う

競売物件とは、宅地建物取引業法以外で取り扱いされている物件です。こちらは所有者が債務不履行をしたなどのあらゆる理由で裁判所が不動産を強制的に差し押さえたときに競売物件となります。競売物件は、その名の通り競売にかけられて販売されます。そのため、通常の不動産とは違う枠組みで扱われているのです。

では、通常の不動産とはどのようなものなのでしょうか。法律的には宅地建物取引業法によって扱われているのが通常の不動産だと言われています。こちらは不動産の所有者と購入者が、取引業者を仲介して取引をすることの取り決めが宅地建物取引業法にて行われています。こちらは購入者が消費者として扱われているため、たとえ居住目的であっても投資目的であっても手厚く保護を受けられているという特徴があるのです。

しかし、競売物件は民事執行法が適応されています。こちらは商取引ではなく所有権の移転として扱われているため購入者は消費者として扱われません。そのため、宅地建物取引業法のように保護されるようなことはなく、すべての責任を落札者が負うというシステムが発生しているのです。しかしながら、現在ではトラブルは少なくなっていると言われています。

☆ 管理人推奨サイト ☆
競売物件の購入に不安がある方は、優良住宅を提供しているハウスメーカーを選んでみると良いでしょう。優良住宅の物件検索に役立つサイトはこちらです ⇒ 優良住宅

トップページ取扱う法律が違う特徴について債務者が居住者の場合建物明渡猶予制度修繕費について強制競売物件についてゴミ屋敷だった場合リンク集サイトマップ

Copyright © 競売物件を生かすための知識を身につけよう! All rights reserved.